稲荷塾について

稲荷塾について

中2から高校数学、高2・高3の2年の演習期間をとるカリキュラム

 稲荷塾は数学専門塾であり、大きな特徴の1つはそのカリキュラムにあります。
入塾の時期にもよりますが、中1の終了時点までに中学数学を学び終え、中2から高校数学を学び始めるのを基本としています。そうすると、その後高校課程を一通り学び終えてから少なくとも2年間の演習期間がとれ、余裕を持って大学受験に備えることができます。
 高校受験後に入塾する場合は、高1の1年間で高校課程すべてを学ぶ特別クラスがあり、やはり2年間の演習期間を確保することができます。
 

大学受験に向けた2段階の演習

 演習クラスは2つの段階に分かれており、第一段階では入試で問われる基本的な知識と技術を完成させ、阪大・神大などで出題される標準問題が解けるようにします。このような入試の標準問題が解けるようになるまでに、一般的には1年間程度かかります。
 次の第二段階で東大・京大の入試問題が解けるようにします。東大・京大の入試では「知らないこと」「抽象的であったり、設定が複雑であったりして意味がわかりにくいこと」などが問われます。これを分析し、解法の糸口を見出すための技術を身に付ける必要があり、そのトレーニングにも1年間程度かかります。これらの2段階の演習で、東大・京大レベルの入試問題が解けるように準備します。
 

高校課程の学習は反転授業

 高校課程の数ⅠA・数ⅡB・数Ⅲを学ぶ各クラスは反転授業を行っています。通常、教室で新しいことを学び、家庭学習でそれを定着させますが、この教室での学習と家庭学習の役割を反転させ、家庭では「稲荷の独習数学」を用いて新しいことを学び、塾ではそれが実際に使えるようにするための授業をします。一般の授業では「板書」とそれを「ノートにとる」ための時間が授業時間の約半分を占め効率的とは言えません。反転授業ではこの非効率を劇的に改善することができ、2倍の進度を実現します。つまり、数ⅠA・数ⅡB・数Ⅲのそれぞれを半年間で学ぶことができます。
 なお、理解が不十分な場合は同じクラスを2回繰り返して受講することができます。中学生の多くはそのようになりますが、一般的な授業で1年間かけて学ぶより反転授業で半年間ずつ2回学ぶ方がずっとよい成績をとるようになります。中2から高校数学に入っていれば、数ⅠA・数ⅡB・数Ⅲのすべてを2回ずつ学ぶことになったとしても2年間の演習期間を確保することができるので大丈夫です。
 

稲荷塾に合う生徒の特徴

 稲荷塾は、高いレベルを目指し、自分の意志で勉強をする生徒にとって良い学習環境を提供することを目指しています。具体的には上記の授業システムに加え、授業前や土曜日の14時から21時に自由に質問できる環境を整えていることが特徴的です。
 また、大学受験のためにガリ勉するようなやり方はダメだと考えており、クラブ活動などにも積極的に取り組んで、人間としてバランスよく、心身ともに健康に育ってほしいと願っています。そのために、高3生を対象とした演習数Ⅲのクラス以外の中学数学・高校数学の各クラスは19時以降に始まり、授業回数は週1回にしています。

 


塾長稲荷執筆の著書雑誌等による稲荷塾紹介稲荷塾を応援!