目標を人に言うべきか否か

松谷です。

いやぁ英会話のカーメリアの宿題で、TEDの一つの動画を見てくるというものがありました。そして、授業でそれについて議論するという形なのですが、

まあ、コンテンツ自体がなかなか興味深かったです。

 

その動画コンテンツのテーマが、

「自分の目標を人に言うべきか否か」

というものでした。

その動画の主張は何だと思いますか??

 

「目標は自分の中にしまっておけ。」

です。

 

えっ、うそ?!

と思いませんか。

日本では、よく

目標を叶えたかったら、その目標を公言した方がいい。

という風に言われてきました。僕も生徒にこれまでそのように指導?してきたこともあった気がします。

実際に、イチローとか中田英寿とか超一流になった選手の小学生の卒業文集には、必ずといって良いほど将来の夢が記載されていました。自分を律して、自分にプレッシャーをかけて、達成させないとかっこ悪いと暗示をかけたり、いつも言うことでそれが当たり前のことになるのかなと漠然と思っていました。

 

一方で自分の経験に照らしたときに、目標を公言して上手くいったときと、上手くいかなかったときがありました。

 

目標の公言はどんなときに上手くいって、どんなときに上手くいかないんだろうということについて、具体例とともに、Carmeliaとディスカッションしたところ、

 

目標を公言したことによって、周りからのプッシュが得られるケースにおいて、上手くいくんじゃないかと言っていました。そのためには、目標の途中の達成状況が可視化されていることが必要じゃないのかという話まで及びました。

 

例えば、ダイエットに取り組んだりして、途中の体重の増減状態をブログで報告したり、大学受験の途中の模試の点数をアップしたりとかそういったことであれば、周りのプッシュが得られやすいのではないかと。

 

一方で、いつか会社を興します!とか、いつか大金持ちになります!とか、いつか有名になります!みたいな長い時間をかけて達成するようなことで、途中の状況が可視化しにくいことは、公言しても周りのプッシュが得られにくい可能性があるのかもしれません。(もちろん、それを可視化する方法がないわけではないでしょう。)

動画では、そういったケースの公言は、言った時点で、何か達成感や満足感を感じてしまうようで、目標の達成率が落ちるというような主張でした。

まぁ、結局ケースバイケースだとは思いますが、面白かったですね!

Carmeliaの選んでくる動画は示唆に富んでいてすごくいいですね!

 

http://inarijuku.com/